印刷工場へ行ってきました。その2

『「結果を出す人」はノートに何を書いているのか』

この本の印刷をお願いしているのは、荻原印刷株式会社。

パート2です・・・。

あらふしぎ。。。

どんどん・・・出てくるのーーーー。

あまりの早さに分からなかったでしょ・・。(^_^;;

だって・・・1万枚が1時間で できるそうです。

**********

と・・・TVの番組のように・・・少しダイジェストしてみました・・。(^_^;;

この印刷された紙は・・・飛び出した・・・でっかい紙です。

本でいうと、16ページ分の紙が一枚の大きな紙に印刷されているのです。

それを後から裁断して、本の大きさにするのです。

刷り上がった紙は、このように・・インクの擦れや印刷されていない面が無いかを確認して
います。

本の中の写真などは、インクのノリ具合によっては、見づらく印刷されてしまうことも
あるらしく、確認してくださっています。

今回の本、写真満載なんで・・・・丁寧な仕事ぶりは、ありがたいです。

できた紙を・・・

こうやって・・・

折っていくと・・・本16ページ分になるんですね。

こうやって・・・

で、、、その16ページの本が16個あつまって・・・

手作りの本の出来上がりです。。。。

実は、今・・・毎日持ち歩いてます。

もう・・何度も読んだんで・・・読むためじゃないんですけど・・・

単に・・・嬉しくってね。(^_^;;