「結果を出す人」はノートに何を書いているのか

仕事ができる人のノートの中身を公開!
会議・企画・時間管理・出張などの「仕事ノート」から、勉強・読書・セミナーなどの「自己投資ノート」まで。
  • <内容紹介>
  • ★奥野宣之氏推薦!(『情報は1冊のノートにまとめなさい』)
  • ★藤巻幸夫氏推薦!(株式会社藤巻兄弟社 代表取締役社長))

●仕事はメモする段階で差がついている!

なぜ同じことを経験しているのに、 きちんと身につく人と、そうでない人とで違いが生まれるのでしょうか。 これは頭の良し悪しとも、記録力の良し悪しとも関係がありません。
結果を出せる人と出せない人の違いは、ずばり「ノートの使い方」にあるのです。 学んだことを確実に成果へとつなげるには、 ノートに「経験」を「記録」し、ためていくこと大切です。 たまった経験から問題が見える化したり、改善点も明らかになります。
自分の「学び」は、ネットでは検索できません。 自分固有の経験を積み上げていくには、「ノート」に書く必要があるのです。

 

●仕事ができる人の「ノートの中身」を公開

経験をためようとしない限り、同じ失敗を繰り返したり、 学んだ気になっているだけで、いつまでたっても 自分の実力にすることができません。
本書では、メモノート、母艦ノート、スケジュールノートを組み合わせた 「3冊ノート術」や、予想・実行・結果の「3段階記録法」、 本当に使える力を伸ばす「追記法・色分け法」、 タスク管理も自由自在な「付箋超活用術」など、 成果につながる実践的なノート術を、読んですぐマネできるように、 多数の写真や図版を掲載しながら紹介します。
会議・企画・時間管理・出張などの「仕事ノート」から、 勉強・読書・セミナーなどの「自己投資ノート」まで、 すぐに使えるハックが満載です。 また、第7章では、ノートと組み合わせて使う30のお勧め文房具も紹介しています。

●スーパーサラリーマンの「ノート術」

著者は、仕事でも数多くのヒット商品の開発に携わり、 プライベートでも毎月150人以上を集める勉強会・交流会を主催し、 テレビや雑誌でも頻繁に取り上げられる“スーパーサラリーマン”。
何よりアクションにつなげ、結果を出すことにこだわるノート術は、 なかなかマネできないカリスマ経営者のノート術とは違い、 忙しいビジネスパーソンでも今すぐ試せる等身大の内容が特徴です。
仕事の生産性をあげ、作業の効率を高め、アイデア体質に変え、 そして結果を出すことにこだわる、スーパーサラリーマンの「戦略的ノート術」。


 

「結果を出す人」はノートに何を書いているのか (Nanaブックス)
美崎 栄一郎
ナナ・コーポレート・コミュニケーション
売り上げランキング: 24,704