ぼくなりのA書評 by WEEKENDER 〜休日をよりよく過ごすためのプロジェクト〜


「結果を出す人」はノートに何を書いているのか – WEEKENDER 〜休日をよりよく過ごすためのプロジェクト〜・・(中略)・・
本を読むのに人一倍時間のかかるぼくですが、それでも買って二日後には読み終わった。それくらいスッと読めちゃう本です。

「メモノート」「母艦ノート」「スケジュールノート」という三種類のノートを徹底的に使いこなす。そのなかでも重要な位置づけの「母艦ノート」。ここに情報を集約させるという点は、明日からでもすぐ実践できます。

この本から学んだこと(ぼくなりのA書評)

1.複数色のペンを使って痕跡を残す(追記内容は別の色のペンを使って、追記である事がすぐ分かるようにする)

2.収納ポケットをつくる(最後のページに封筒を貼り付ける。そこに予備の名刺などを入れる。もしくは貼り付ける前の資料を入れておく。今のところお金を入れる勇気はありません・・・)

3.電話メモをノートに貼る(電話があった旨の伝言メモをノートに貼り、折り返し電話をした内容をそこに追記する)

4.表紙のデジタル管理(ずっと同じキャンパスノートを使っていると変化がないので、表紙にイラスト等を貼って、視覚的に覚える。そうすると、この議事録はこのノートに書いた、と思い出しやすくなる)

今週からでも試してみよう!!

「結果を出す人」はノートに何を書いているのか – WEEKENDER 〜休日をよりよく過ごすためのプロジェクト〜

ありがとうございます。こういう人に読んで欲しい!って、思ってましたので・・嬉しいです。
本を普段読んでない人が読んでくれて・・・それで・・実行まで!!
最高・。。著者冥利に尽きます。

ありがとうございます。

表紙に何かを貼るって、楽しいですから、ぜひ、楽しんでやってみてください。