「ノートリテラシー」は学校でカリキュラムとして教えてもらうことはないbyホセ

『「結果を出す人」はノートに何を書いているのか』@ノートリテラシー向上 – 思ったことを「メモ」に書いておく

・・(中略)・・

こういった「ノートリテラシー」は学校でカリキュラムとして教えてもらうことはないし、会社でも教えてくれるわけえではない。自分で身に着けなければならないところだが、この本ではノートとメモの選び方・使い方・活用方法が惜しみなく書かれている。この本を読むことで、ノートリテラシーがしっかり身につく。学校のカリキュラムにノート術・メモ術をぜひとも入れてほしいものだ。

読むとわかるが、すぐにでも使える事例が多い。さっそく、メモ、ノートは全部ではないが、真似てやってみようと思う。そして自分用の使い方・活用方法を確立していきたい。適当いい加減ノート・メモ記録から卒業するいい機会になりそう(^^)。

すまぬ・・見逃しておった・・。
ブログをサーチしてるんだけど・・数多くなってくると・・抜けがでちゃうね。

自己申告用に・・

アメブロには、感想書いたよ、フォーム入れてみました。
http://ameblo.jp/note272/

さて・・・学校のカリキュラムにノート術・メモ術を・・確かに・・。
実際に、先生や学生さんも興味の対象になってるみたいですね。

今度、取材受ける相手先、学校の先生向けの専門誌。ニーズあるんでしょうねぇ。

ふーむ。