編集者市川有人、日本で一番ノート本を売った編集者

実は、この本、「結果を出す人」はノートに何を書いているのか は、本の企画の段階から、

私と担当編集者の市川有人さんの間では、

ヒットにするべく・・決意していたりしました。
このとき、複数の会社からお話頂いていましたが・・・。
市川さんのこのメールで・・・これは、売れる本作らないとあかんな・・・

と決意したわけです。

本人の許可無く・・勝手に転載しちゃいます。(^_^;;

・・(中略)・・
いや、絶対通します。
正直言うと、もう根回しもしています(笑)。

企画書は作りこみましたし、
社長と事業部長にも読んでもらって、
好感触を得ています。

それに、変な話ですが、弊社は編集者の意思を
かなり尊重してくれるので、最後はボーナスダウンのリスクを
かければ通せると思います(笑)。

美崎さんとお会いして、その魅力に完全に惹かれましたから、
いざとなったら、自分のボーナスをかけるつもりです。

かつてクロスメディアの小早川さんが、明日香出版社時代、
ある本を作ったときに、営業部が大反対したそうですが、
その時に「失敗したら、給料なしでいい!」と啖呵をきったという
伝説がありますが、私も気合を入れます!

書籍事業部(Nanaブックス) 市川有人
株式会社ナナ・コーポレート・コミュニケーション

これ、読んで気合いの入らないわけはありません。

プロジェクトの成功は、人で決まる。 これが私の信条です。

市川さんと仕事ができて本当に良かったと思います。

市川さんのロングインタビューは、こちらにあります。

編集者jp市川さんインタビュー

Nanaブックス 市川有人さん – その1 |  編集者.jp

Nanaブックス 市川有人さん – その2 |  編集者.jp

Nanaブックス 市川有人さん – その3 |  編集者.jp

Nanaブックス 市川有人さん – その4 |  編集者.jp

Nanaブックス 市川有人さん – 最終回 |  編集者.jp