この本はまさに私の人生の読書の読み方における「本能寺の変」です。by島村 信仁

コメントだけにしてるのが、勿体ないので・・記事にして、紹介します。

島村 信仁 さんよりコメント:

こんばんわ。この本はまさに私の人生の読書の読み方における「本能寺の変」です。

今までの自分の読み方は、読んで1週間もすればメモをしないから忘れる読み方をしていました。

本を読んで自分が実行することを書く・・・当たり前のようで出来ていないものすごい気づきでした!!!!

最近しもやん手帳を買ったのですが、その中に・・・

自分の成長のために、ためになる本を読んだ! というリフィルを書く場所があります。

5項目気づきや感想を記入とありましたが、素直に私が実行すること5項目書きました。

①カバーをファイリング
②読後は「しもやん手帳」に実行すること5項目記入
③セミナー・講演会は聞く前に学ぶテーマを事前に独自で設定しておく
④講演会の名刺交換時には講師の本をコピーしてノートに巻きつけプレゼント
⑤名刺はコピーしてノートに貼って、時系列でグループ分け

やばいです・・・実行することを書いたらわくわくして脳から忘れることが出来なくなりました。

本能寺の変・・・感謝いたします。ありがとうございます。

とっても嬉しいです。本はヒントだと思ってます。そこに答えが書いてあることは稀です。

実行できることが見つかること、実際に実行する結果に繋がること、そういう風に連鎖すれば、本は輝きを増すんだと思うのです。

私の本も活用して頂いて、大変嬉しく思います。

note0911