「ノートジプシー」なのである。by祖師谷の小さな本屋さん

祖師谷の小さな本屋さん ~雑感書評:【ビジネス書】 「結果を出す人」はノートに何を書いているのか/美崎 栄一郎

「自分流ノート術のススメ」

文房具フェチの血が騒ぐ。
ノートの最大価値化を目指そう!と言われたら黙ってはいられない。
これまでにどれくらいのノートを試しては、消えていったか。。。

未だに

「これは!」

と確信を持てるノートに出会っていない。つまり、

「ノートジプシー」

なのである。

文房具の山

・・(中略)・・

面白い文章なので・・ぜひ、全文で読んで頂きたいですが・・・。

試行錯誤に尽きるんですよね。ノート術は。これは、仕事の仕方と同じなんですけど・・。

そのスタイルが変わる毎に、自分が成長する毎にカスタマイズするんですよね。

イチローが毎年のように、微妙に打ち方を変えてみるように・・・。

私のやり方も何か、参考になると嬉しいです。