「東大生ノート」が年間1600万冊も売れたワケbyシゴトの計画


「東大生ノート」が年間1600万冊も売れたワケ |シゴトの計画

「東大生ノート」が年間1600万冊も売れたワケ

MBCコンサルティングが発表した2009年のヒット商品番付で、原監督と並んで前頭の筆頭に挙がっているのが「東大生ノート」。太田あや氏が東大生に取材して集めたノート200冊を紹介した本「東大合格生のノートはかならず美しい」(文藝春秋)の出版にあわせ、著者と出版社、文具メーカーのコクヨS&Tが共同で調査を行い、東大に合格した受験生のノートを参考に新製品を開発。こうして生まれた「ドット入り罫線ノート」が、1年で1600万冊を売り上げたという。

「東大生ノート」と聞けば、「現役東大生が授業中にとっているノート」と思いがちだが、ヒットしたのはあくまでも「東大に合格した受験生」が、受験勉強の際に作ったノートを参考にした商品だ。

実際のところ、それほどノートをとることに熱心でない現役の東大生は少なくない。
・・(中略)・・

そういえば、上記の「東大生ノート本」は、書店ではビジネス書のコーナーにある。同じコーナーには、「『結果を出す人』はノートに何を書いているのか」「A6ノートで仕事を超仕組み化しなさい」など、ノートの使い方を指南する本がずらりと並んでいるではないか。ノートの使い方がわからずに悩むのは、実は卒業して社会人になってからなのか。一見ごく普通のノートがヒットしたのにはこうした背景があるのかも。

答えは・・・ノートの使い方がわからずに悩むのは、実は卒業して社会人になってからなのか。

なのだそうです。(^_^;;

リクルート系のニュース&コラムサイトに取り上げていただきました。