小学生から社会人まで「デキる」ノートを作るコツbyNote Hacks!

はじめに: Note Hacks!パイロットがつける運行記録、小学生がつける日記、大学生がとる授業ノート。ただ紙をまとめて表紙をつけただけのものが多くの役割を持ち、使われています。いろいろな名前はありますが、いわゆるノートのことです。記録を残すため、人に情報を伝えるため、自分を表現するため、その利用価値は計り知れません。
ノートは自由にいろいろな使い方をすることができます。しかしその代わり、ノートをもっと工夫したくても、そのアイデアは自分で生み出すか、本やインターネットから探し出さないといけません。『東大合格生のノートはかならず美しい』(太田あや著)や、『情報は一冊のノートにまとめなさい』(奥野宣之著)、『「結果を出す人」はノートに何を書いているのか』(美咲栄一郎著)など、現在空前のノート術ブームです。それだけノートが見直され、ノートの使い方を工夫したい人が増えているということなのです。
私はノートを作るのが好きです。私にとってノートは書くものではなく作るものです。今のノートの形を作るためにいろいろな試行錯誤がありました。その過程でいろいろな工夫を調べ、考えました。紆余曲折があったため、全てをいっぺんに実行することは無理に近いと思いますが、これからご紹介する工夫のうちもしいくつか、お役に立てそうなものがあれば幸いです。

ありがとうございます。有名本の中に入れて頂きまして・・。恐縮です。<(_ _)>

ぜひぜひ、工夫の方法をみなさんに披露してくださいね。