本書を読んでいる最中に、何度も”書き方”ではなく”使い方”を書いた本だなとは思っていたのですが by黒い箱

黒い箱 | 「結果を出す人」はノートに何を書いているのか/美崎栄一郎書籍名を見ると”何を書いているのか”とありますが、中を読んでみると付箋を使ったタスク管理や、デジタルツールを使ったノート術など、書き方というよりも使い方を書いた本です。ではどのようにノートを使うのかというと、それは目の前の仕事に集中するため、タスクなどを書き出して忘れるために使います。

・・(中略)・・
本書を読んでいる最中に、何度も”書き方”ではなく”使い方”を書いた本だなとは思っていたのですが、本書のあとがきに「社会人として成長するためのノートの使い方…」と書かれていました。

RIMG0012

その通りです。使い方の本です。

では・・・初公開ですが・・・タイトル決定のときに、
私の思考の裏側と・・本に秘めたメッセージを・・・。ご紹介。

編集者から・・・
「結果を出す人」はノートに何を書いているのか のを頂いたとき・・ん?

書き方かぁ・・・。と思ったけど・・

「結果を出す人」はノートにどうやって使っているのか

変だよね?と思ったわけです。と同時に、ノートは書くことを意識しがちで・・

それは学生のときからの癖が抜けてないからで・・・・。
なので・・あえて、そのタイトルで・・・

前書きの冒頭で、 社会人のノートは忘れるためにある

そして、最後にあとがきで、 ノートの使い方 と表現してみました。

分かって頂いて、嬉しく思います。

ノートは書くだけではなく、使うモノですよね。

結構、こういう私なりの遊びを本の中には入れていますので、
気づいた人は・・この公式サイトにコメントくださいね。

コメントすべて、ちゃんと、読んでますから。