#suisen 『新・プラットフォーム思考』平野敦士カール(著)

読書本の企画を進めています。

「結果を出す人」はノートに何を書いているのか に書いたアクション書評の本です。

本から何か1つ、実践する、こういう読書本です。
アスコム社さんから出ます。2010年、3月発売予定ですが・・・
200アクション、つまり200冊読む予定です。

過去に私が読んだ本だけではなく、推薦頂いた本を読みたいと思っています。

なので、ちょっと本を集めるのに時間がかかっています。
でも、そうすることに意味があるので、継続します。

誰かの推薦を頂いた本は、非常に面白いです。
普段の自分のフィルターと違うモノを読めるのは、楽しいんですね。

平成進化論の鮒谷さま(鮒谷周史プロフィール) よりご推薦頂いたのは、この本。
プラットフォーム_モノクロ_1

『新・プラットフォーム思考』平野敦士カール(著)

この本の中で私がアクションしようと思ったのは、

p172 「波長が合わないキーマンより想いをシェアできる人を選ぶ」

です。

私の本の中では、このアクションを中心に書いていきます。
つまり、読書本ですが、仕事術の本になります。

200冊が一覧できるように誌面を構成するつもりです。

0)書影
プラットフォーム_モノクロ_1
1)ご推薦:メルマガ「平成進化論」の鮒谷周史さま
2)『新・プラットフォーム思考』 平野敦士カール(著)朝日新聞出版
3)内容(100文字以内で私が書きます):プラットフォームを持つモノが価値を持ち、勝ちパターンに繋がる事例とノウハウが満載。一人から始められるが、その個が繋がる効果を体感し実現した著者が語る実践的なプラットフォーム戦略論。

著者自らの自薦は、NGとしています。(^_^;;
推薦したい本がある人は、ぜひ・・・。よろしくお願いします。

書店員さん、
書評を書いているブロガーさん、
本の感想を呟いているツイッターなみなさま、
著者さん、
本の登録サイトの管理人さん
編集者さん
出版エージェントさん

と・・本に関係している人から推薦本を頂いています。

何か推薦したい本がある方は、ぜひ・・下記から推薦してください。

よろしくお願いします。<(_ _)>