本の裏側11・献本はしないプロモーション

良くある本のプロモーションでは、献本というのがあります。

書評ブロガーさんに配って、記事としてブログを書いてもらうコト

これ、基本的にやらない方向で・・・います。

献本は、あくまでも、献本。差し上げることなんです。

書いてくれと頼むことではありません。

デジタル大辞泉の解説
kotobank デジタル大辞泉 献本とは
けん‐ぽん【献本】

[名](スル)書籍を進呈すること。また、その書籍。

大辞林
しんてい0 【進呈】
(名)
スル
人に物を贈ること。さしあげること。

ね・・・辞書にも、書いてるでしょ。(^_^;;

なので、実際に・・・「結果を出す人」はノートに何を書いているのか のときは、献本だけしました。私の方からは。出版社で独自に動いている分は知りませんが。

書評ブロガーのお友達、沢山いますが、書いてくれと頼んではいません。何人かには、献本しました。ホントに献本。

読んでくださいという献本。
書いてくださいではないのですね。

お世話になっている著者の人にも献本しました。

なので・・田島弓子さんは、書いてないもの・・。(^_^;;
でも、それ以上に・・機会を提供してくださっています。

JFAで講師する機会を頂きました。
ありがたいことです。<(_ _)>

繰り返しますが、
献本したから書いてよというのは、全くおかしいのです。

今回の本『会社って楽しい?』も同じ姿勢です。

だって、嫌じゃないですか?
義理っぽく書かれた記事を読んで買うのって。(^_^;;
読んで、面白いと思ったら書く・・。それで良いと思います。

というわけで、私が貰える10冊、献本する人、何人かいると
思いますが、書く必要はないですからね。(^_^;;

日本ファイナンシャルアカデミー様との共催で
ベストセラー新人ビジネス著者3名に聞く!
一点突破の人生プロデュース力
を企画いたしました

詳細と御申し込みはこちらから!