空想・出逢いの大学

天使「出逢いの大学って知ってる」

悪魔「合コンのマニュアルでしょ?」

天使「違うよ。。想像するのは、自由だけど」

悪魔「大学で、出逢いって言ったら合コンでしょ」

天使「大学は勉強するところでしょ!!」

悪魔「タバコや酒を勉強する、、ケケケ。。」

天使「お酒は、大学では売ってないよぉ」

悪魔「そういえば、そうだ。俺が売り始めたら、大儲けか、ケケケ」

天使「お酒は駄目だよ。。」

悪魔「おまえ。。お酒売ってるやろ!「天使のKiss」」

天使「えー、私キスなんか、しないもん。」

悪魔「可愛い顔して、結構、裏ではいろいろやってんねぇ。。」

天使「誤解だよ~」

悪魔「こんなのも。。やってるやんか。。。天使の誘惑。。」

天使の誘惑

天使「えーー、私、関係ない。。」

悪魔「おいおい、酔っ払ったら、大胆に誘惑するんちゃうの?」

天使「そんなことないよ~」

悪魔「あ~・・・加(ピー)ちゃんと一緒だよね」

天使「だから、タバコすってないし。。」

悪魔「やっぱ、「出逢いの大学」やね。。R指定」

天使「R指定じゃないよ。。真面目な本だよ。」

悪魔「R社の人が書いてるんやろ。。」

天使「社名明かしてないし。。。」

悪魔「やっぱ、R指定じゃん。。」

天使「1時間くらいで、読める本らしいよ~」

悪魔「そんな時間で読めるとは。。。絶対、エッチな本だな。」

天使「カラー写真とか無いし。。」

悪魔「妄想すれば、いくらでも浮かぶぞ。。。ケケケ」

天使「だから、普通の本だって。。アマゾンで変えるよ。。」

悪魔「アマゾンで、エロ本だって買えるぞ」

天使「だから、普通の本だって。。東洋経済新報社だよ。」

悪魔「だいいち、裸でウロウロ飛んでる、お前が一番エロイだろ」

天使「だって、服着たら、羽根が開かないんだもの。。」

悪魔「じゃあ、飛んでてないときは、洋服着ろよ。。この露出狂」

天使「だって、服持ってないし。。」

「出逢いの大学」・・・
「裸のあなた」の人脈ができれば、仕事もプライベートも驚くくらい充実します。
・・・アマゾンの書評より。

悪魔「おい、やっぱりお前のための本だ、この露出狂」

天使「あなたも裸でしょうが。。。」

悪魔「じゃあ、俺も読もうかな。」

天使「お買い上げありがとうございます。「出逢いの大学」」

悪魔「お買い上げありがとうございます。「出逢いの大学」」

購入は、こちらで。
「出逢いの大学」
62出会いの大学

ちばともさんの続編は、こちら。

『やる気の大学』