新刊が目白押しです。

41p-f8paccl

新刊が目白押しです。

文系ビジネスマンでもわかる数字力の教科書 久保 憂希也(著)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4479793011/note272-22/ref=nosim

が出ますね。築地朝食会にも先日来ていただいた、久保さんの新刊です。

読ませて頂きましたが、数字を扱うときのコツをうまくまとめて解説してくれているので、
数字が苦手な方にオススメですね。

私自身は、本業では数字を扱うのが専門なので、さすがに知らないテクニックは無かったですが・・(^_^;;
復習にはもってこいでした。で、この本でのアクションは、

基準となる数字をもう一回整理して 暗記しておこう

でした。

ノート術の著者としても気になる一冊。

モレスキン 「伝説のノート」活用術~記録・発想・個性を刺激する75の使い方

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4478013268/note272-22/ref=nosim

で、この本でのアクションは、

ノートを切る

でした。モレスキンノートは、貼るのには、実は向いてないので、モレスキンにはあまり
貼ることをしなかったのですが、この本を読んで、切れば良いんだということに気が付きました。

簡単に言うと、貼ると、その紙の分だけ膨らみます。当たり前ですね。(^_^;;
で・・モレスキンだとハードカバーなので、膨らむと綴じるのが難しくなってくる。
したがって、貼らない・・・。
だったのですが、1枚、紙を切ってしまえば、その分のページの厚さが抜けるので、貼ってもよくなる
という当たり前の原則に気づきました。

というわけで、トライしてみます。