ノート術をユーザー目線と逆から深める試み<仕事の教科書Vol.9「究極のノート術」>

私、美崎栄一郎は、仕事の教科書シリーズのスーパーバイザーをしております。

おかげさまで、もう仕事の教科書も9号目になりました。

img_2588

9号目のテーマは「究極のノート術」

ということで、私はノートメーカーの開発者にインタビューして、

制作サイドから、こだわりのポイントを聞き出し、

ノート術をユーザー目線とは逆の方向から深めてみることにしました。

 

取材先は、

石川悟司さん・マルマン・取材風景

石川悟司さん・マルマン・取材風景

 

マルマンのニーモシネブランドの産みの親、石川悟司さん

10年目を迎える高品質ノートがこだわる、色とデザインについて お伺いし

 

陣内宏美さん・リヒトラブ・取材風景

陣内宏美さん・リヒトラブ・取材風景

LIHIT LAB.(リヒトラブ)のツイストノートでは広報も担当する陣内宏美さん

ファイルのようにノートを自由にカスタマイズできるツイストノートの開発秘話について

 

高橋紀子さん・ワコム・取材風景

高橋紀子さん・ワコム・取材風景

ペンタブレットの老舗ワコムでは、iPad対応のスタイラスペンBamboo Stylus finelineのマーケティング担当者の高橋紀子さん

iPadスタイラスの中で最高峰の書き心地を実現するための苦労と工夫について

 

楽しいインタビューになりました。もちろん、仕事の教科書Vol.9「究極のノート術」では、色んな著名人の方のノート術も記載されていますので、ノート術にご興味ある方はぜひ、手にとって参考にしてみてください。

www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4056107653/note272-22/ref=nosim

究極のノート術・仕事の教科書

究極のノート術・仕事の教科書