手帳の工夫・しおり紐の広がりが気になるときには

手帳にちょっとした工夫、カスタマイズを加えると便利になります。

よくある手帳のトラブルとして、毎日使うモノですから、しおり紐がほぐれてくるということがあります。

しおり紐は便利なのですが、切りっぱなしの紐ですからね。

広がってくるのは、どれだけ丁寧に使っても仕方がありません。

しおり紐

8ヶ月使用すると流石にしおり紐も広がってきます

そこでちょっとしたカスタマイズです。

マスキングテープを用意します。それをほぐれてきたしおり紐の端にクルクルと巻き付けるだけです。

30秒ほどでできるメンテナンスですが、簡単に見た目も改善されます。

しおり紐の広がりが気になるなぁと思った方は、試してみてください。気にならない方は、そのままでもOKですよ(^_^;;

 

私がプロデュースしている美崎栄一郎の「結果を出す人」のビジネス手帳2016 にはしおり紐は付いていますが、しおり紐が付いていない手帳を使っている方は、こちらの記事でしおり紐を追加するカスタマイズをしてみみてください。

しおり紐を追加するカスタマイズ

 

img_4536 (1)

しおり紐をマステで補修

 

言葉の意味「津」とは

言葉の意味「津」

地名に「津」がついているということは、必ず昔は栄えた場所であったということです。

「津」は、舟着き場。渡し場という意味。

今度、講演する三重の「津」は、海沿いの港。

そして、先日講演した滋賀の大津は、琵琶湖の沿岸の湊。

北陸だと、金沢の北に津幡があり、名古屋の西にある津島も同じく河川が合流する湊。

さぁ・・・三重の津はどんな感じだろうなぁ・・・。

美崎栄一郎 全国講演会ツアー2015in三重 〜地方を元気にする発想術&情報発信術〜

三重県は津で、開催します。

9/6(日)
https://www.facebook.com/events/408174869383874/

津市のホームページが面白い。

津市のホームページ