日本語ドメインの弊害<メリットとデメリット>

スクリーンショット 2016-05-27 07.34.31

日本語ドメインには、メリットとデメリットがあります。

例えば、私が桶狭間で設立した株式会社戦国は日本の会社ということで、縦書きですべてを構成するウェブサイトを作りました。それに相応しいのは、やはり日本語ドメインだろうと。で、

株式会社戦国.jp をいうドメインを取りました。

メールなどでも本文を書いているときに

株式会社戦国と入力して・・・半角にして.jp

と打つだけでサイト名が告知できるのは便利だったりますが、弊害があることに気がつきました・・・。

http://xn--6oq15qb7gpjd64jtu1a.jp/

のように表示されてしまうときがあるのです。くぅ・・・。なんじゃこりゃ・・・。

これが、結構致命的です。どう考えても、スパムっぽいですよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

ちゃんと、株式会社戦国.jp なのですが、サイトやメーラーなどのツールの扱いによってはダメなのです。

 

展開されてしまうわけです。良くAmazonで、・・・%%%%・・・的なURLになっているのを見るでしょう。

あれが、日本語URLの弊害で、今回の場合、ドメインが日本語だと最初からそうなってしまうわけ。

 

がーん。

 

というわけで、

sengoku.nagoya のドメインも取得しました。

ドメインを2つ持つことになるわけ。面倒ですけど。そうしないとスパム会社っぽいので。

文字が化けてしまうサイトでは、sengoku.nagoyaを使います。

それで、sengoku.nagoyaにアクセスしてもらって人には、株式会社戦国.jpに自動的に切り替わるように設定しました。

 

まず、このURLの文字化け問題が一つ。もうひとつ、会社として運営するときに一番のネックになるのが、メールです。

メアドも・・・info@xn--6oq15qb7gpjd64jtu1a.jp とかになってしまうわけです。

というわけで、このままではダメですよね。

ですから、@sengoku.nagoya のほうで、メールアドレスは作成することにしました。

日本人で、日本語を使っているわけですから日本語を使いたいところですが、このあたりのインターネットの仕様は2バイト対応していない感じですね。

 

というわけで、メールアドレスを使う予定のサイトには、日本語ドメインは使わないほうがいいですよ。

使う場合は、英語ドメインも同時に取得する必要があります。

 

ご参考まで。