美崎栄一郎の仕事

花王に在籍していた時代から、独立した現在に至るまで、数々のヒット商品を 生み出してきた美崎栄一郎。その歩みの一端をご紹介します。

商品企画コンサルティング

花王時代に培った商品開発の知見を活かし、企業に向けたコンサルティングを実施。企画から戦略立案、販売の支援まで、魅力あるものづくりをワンストップで実現する提案を行っている。

books1

右/アイデアは才能では生まれない(日本経済新聞社) 左/美崎栄一郎のヒットの謎解き(日経BP社)

開発の目線を 著書でも紹介

花王での15年に渡る経験と、その後のコンサルティングで培った視点を活かし、商品開発をテーマにした著書を多数執筆。

肌を美しく見せることに定評のある花王のファンデーション。

肌を美しく見せることに定評のある花王のファンデーション。

“美肌の花王”を発信 コスメティック

レイシャス『ファインフィットなど花王の女性向けファンデーション・ブランドを中心に研究開発し、社長表彰、工場所表彰を受けた。

atack

洗濯用洗剤 左/アタック 右/ニュービーズ(共に花王)

花王のロングセラー 日用品

人気の洗濯用洗剤であるアタックやニュービーズ、衣料用漂白剤ワイドハイターなどの開発を担当。ロングセラーに貢献した。

講演
会社員だった頃から、社の枠組みを超えた様々な勉強会や交流会を主催。自らの講演活動を含め、現在も多彩な人脈を活かした交流を図り、独自のネットワークを広げ続けている。

美崎_人_講演活動1

実践的な講演は、多くのビジネス パーソンに支持されている。

仕事術やヒットの 謎解きを語る講演会

ヒット商品を生み出すコツや、手帳やノートを駆使した仕事術など物事の「仕組み」を見抜く視点を活かした多彩な講演会を開催。

美崎_人_築地朝食会1

築地の寿司店にビジネス 書のベストセラー作家を寿司ならぬ著者が各テーブルを廻るのが大きな特徴。

有名著者と「朝活」 築地朝食会

築地の寿司屋にビジネス書のベストセラー作家を招待。参加者は朝から寿司を食べつつ著者との会話を楽しむ人気イベント。

美崎_人_社長大学2

ゲストとして招かれた社長が、次の登壇 者になる社長を指名する「紹介形式」を取り入れたのも魅力のひとつ。

トップからビジネスの 裏側を学ぶ社長大学

経済界で活躍する様々な社長をゲストに招いて対談。経営の仕組みや舞台裏に鋭く切り込む学びの場として2011年にスタート。

 

ビジネス書の執筆

得意分野である商品企画のノウハウを筆頭に、タイムマネジメントのコツやガジェットの活用法など幅広い分野で著作を発表。ビジネススキルを高めるためのテクニックには定評がある。

hon1

右/ゼロから始める手帳活用術(KADOKAWA/メディアファクトリー) 左/美崎栄一郎の「結果を出す人」のビジネス手帳2015(永岡書店)

時間管理・手帳術

自分に合った手帳の選び方に始まり、自身が解析してきた 手帳の活用法など効果的なタイムマネジメント術を公開。

hon2

右/図解ノート術(学研パブリッシング) 左/{書籍・手帳・ノート・ノマド}の文具術(ダイヤモンド社)

文具術・ノート術

仕事や勉強に役立つノートの書き方や、機能文具の選び 方・使い方まで、ビジネスの現場に欠かせない道具を使った効率アップ術を紹介。

右/iPadバカ(アスコム) 左/iPhone買っちゃった!?けど、使いこなせていないあなたへ(ソシム)

iPhone – iPad

情報の整理やメールの効率アップ、便利なアプリなど、仕事と暮らしに役立つモバイルタブレットの活用法をレクチャー。

<column>あいまいな美を数値化比較して「定量化」する装置を花王のビューティケア研究センター在籍時に開発

美崎_物_1675

このとき誕生したシステムは、花王の2005年度事業報告書にも重要な歩みのひとつとして掲載さ れた。

20台ものデジタルー眼レフカメラを設置した、直径3メートルの半球状の装置多視点画 像解析システム。装置中央に座らせた人物の顔をあらゆる角度から撮影してデータを定量化するこの装置を、花王ビューティケア研究センター在籍 時の美崎氏がニコンシステムと共同開発。たとえば「普通の肌」「美肌」それぞれを撮影し、肌の見え方や印象、光の反射など肌状態による変化を数値化。それぞれのデータを比較しながら美を生む秘密を解析することが可能に。これにより、今まで「すべすべ」「ぷるん」など曖昧に表現されていた概念も定量化できるようになり、感覚的だった化粧品の開発プロセスが目的志向型にスイッチできるように。