2020年のビジネス手帳が出来ました。

2020年のビジネス手帳が出来ました。

2020年のビジネス手帳が出来ました。

美崎栄一郎の結果を出す人のビジネス手帳2020

www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4522611404/note272-22/ref=nosim

70715651_2384023891676153_7545827058794889216_n

写真は、稲垣純也さんに撮って頂きました。この冒頭の写真も・・・手帳のプロフィール写真も。

サインしたものが欲しいと言う人は、何冊か手元から発送いたします。ご希望あればどうぞ。

美崎栄一郎の「結果を出す人」のビジネス手帳の2020年版が登場!
B6サイズのシンプル方眼手帳です。
基本的な特長は以下の4点になります。

・2019年11月~2021年3月まで17ヵ月間、月間と週間の両方掲載
・月間スケジュールは1日~31日まですべて同サイズ
・週間スケジュールは月曜~日曜まで同サイズ&縦型のバーチカル
・全ページ方眼で180度開く!

なお、方眼は3.64ミリ四方で、市販のふせんがピッタリ合うようにしています。
非常に使い勝手がよく、カスタマイズのしやすい誌面構成になっています。
また、全ページにスキャン時にトリミングしやすい「L」字マーカーがついているので、デジタルとの融合もカンタンです。
2大特別付録として、「32頁別冊の美崎流仕事術」と貼って剥がして自由自在の「再はくりシール」2枚付き!

2020年版は、昨年と同様のウレタン製の青色カバーです。こちらは昨年が好評だったので継続です。

ただ、ペンホルダーがロックしない仕様になりました。残念。というわけで、私は自分で作ったオリジナル手帳カバーでペンホルダーがロックする2019年仕様の形を使うことにしました。

手帳カバーの解説をすると、コストが高いのですが、感触や柔軟性の高いウレタン製に変更しました。
ウレタン製になったので、熱融着だけだとペンホルダーが取れる可能性があるので、ステッチを入れて縫っております。ただ、昨年はこの仕様でもペンホルダーが取れるという人がいたそうで、残念ながら、版元の決定は、ロックしない一般的なペンホルダーに戻すことになりました。もし、ロック仕様が良かったよという人は、読者はがきで版元にリクエストください。

監修はしておるのですが、在庫リスクなどを負うのは、版元さんなので、監修者の権限がすべて通るわけではないのです(苦笑)。

2013:ブルー+ロック
2014:黒+ロック
2015:黒+ロック
2016:黒+ロック
2017:黒+ロック
2018:茶+
2019:ブルー+ステッチ+ロック

2020:ブルー+ステッチ

黒以外が良いとか言われて、オリジナルの手帳カバーを作り始めました。

オリジナル手帳カバー は、20色以上でたくさん。

手帳カバーは、今年も10月頃から販売しようと思います。欲しい人は、下記のURLからどうぞ。

ウレタンベースのステッチ付きは、2018年、自腹で私が作っていたのが好評だったので、結果、2019年は、採用となりました。
監修者が自腹でテストするって、どういうことなのかと不思議ですが・・・。まぁ、モノ作りが好きなんで。

オリジナル手帳カバーでは、シャンパンゴールドと赤、
光沢のあるスカイブルーとリッチゴールド、大理石模様などなど・・・在庫がなくなり次第終了となりますが、提供しております。

2018年に茶系のカバーでしたが、2019年は紺色になりました。

ざっと、紹介しますと、和紙のような風合いをしたカバーです。実際には、樹脂ですので、濡れてもカバーは破れません。中の手帳は紙なのでNGですが・・・

織姫という名前がついていました。若草色、たんぽぽ色、朱色を作って、人気だったので、追加で、桃色をご用意しました。

https://a16misaki.thebase.in/items/15732077

織姫

135

赤からピンク系の色は、好みが色々ありますので、バリエーションが増えてきました。

131

白系、パール系、薄いゴールド、大理石模様など、上品なカバー色もご用意しました。

134

スカイブルーからブルーも表面の質感や色のトーンの異なるカバー、紫系、ピンク系まで用意しております。

133

グリーン系も色バリエーション豊富にご用意しました。

132

あと、手帳カバーでゴールド系がほしいという人のために、ゴールドのバリエーション違いもあります。

 

他にも色々と・・・ご興味ある方は、

購入は下記のリンクのBASEのショップからよろしくお願いします。

https://a16misaki.thebase.in/

革製手帳カバーは5色

高級なものも欲しいというご要望に応じて、国産の革製造メーカーのヴィンテージ リバイバル プロダクションズで、作ってもらいました。

この値段でこの機能は直販のみだからという採算度外視価格です。在庫がなくなったら、オシマイになるかもしれません。

スクリーンショット 2018-09-12 13.50.49
https://www.vrp-jp.com/product/schedule_book_cover.php

さて、最後になりましたが、ずっと前から仕込んでおりました、アナログとデジタルの融合がやっと叶いました。

手帳の中面を読み取れるiPhoneアプリです。

第して、「みんなの手帳」。

AI搭載で、手帳をアプリで写真に撮れば、画像上から日付を読み取り、エクセルのセルのように一日ごとに予定を切り分けます。
その画像とiPhoneの中のカレンダーが同期して、閲覧できます。(現在は同時に閲覧するだけという機能です。ビューアーで、予定の登録とかはできません)
で・・・その日付のときの、iPhoneの中に撮りためた写真も同時に閲覧できます。

つまり、日付に紐付いた3種類のデータを一緒に扱えるのです。これ便利ですよ。世界初の機能です。

スクリーンショット 2019-10-24 22.48.09

ビジネス書著者で商品開発コンサルタントの美崎栄一郎氏監修の元で作られた世界初の機能を持つ手帳アプリです。

デジタルカレンダーのアカウントを設定し、紙の手帳をスキャンすることで、アナログとデジタルの予定が自動的に連動し、それぞれで管理されている同じ日付の予定を同時に確認することが出来ます。

このアプリを使えば外出先や移動中に鞄から手帳をいちいち出す手間も省けますし、データ連携により予定の確認漏れも防ぐことができます。

※現バージョンではスケジュール閲覧のみで、予定の登録はできません。

※美崎栄一郎の「結果を出す人」のビジネス手帳のみに対応しております。随時、他の手帳にも対応していくように計画中です。

■紙の手帳を簡単にスキャン

マンスリーページ、ウィークリーページの写真を撮ると、自動的に画像中に含まれる日付情報を読み取り、画像を一日一日の予定として切り分けます。

■予定の確認も簡単

紙の手帳をめくるように画面をスワイプすれば、登録した手帳の画像が閲覧できます。週間と月間の切り替えもボタンひとつで切替可能です。同一ページ内で、デジタルから連携した予定も確認出来ます。

■その日撮った写真がわかります。

手帳の予定を見つつ、その日に撮ったカメラロール内の写真もシンクロして観ることができます。

会議のときに写したホワイトボードの写真も、旅行の予定から旅行の思い出の写真も、手帳に記載

https://apps.apple.com/jp/app/id1440019232

未分類カテゴリの最新記事